配偶者がキャッシングをしていても借りられますか

消費者金融のカードローン申請で、審査をパスできない理由がどうしても判らない場合があります。
知名度が割と高い会社へ勤めてる・一定の収入が保証されてる・他の金融業者からの借り入れがない、利用申請は難なくできたのに、融資して貰えないといったケースです。
こういった場合、意外な理由があります。
例えば、比較的多いケースで言うと、配偶者が多額の負債を抱えてる場合に業者から拒絶されるケースが多いのです。
配偶者が巨額の負債を抱えてると、その余波が契約者に来ることが充分考えられます。
ですから、金融業者はそれを考えて、審査で落とすのです。

 

だから、カードローンなどを利用しなければならない場合は、必ず配偶者が大きな借金を抱えていないかどうか、先に確かめなければなりません。
これは、多くの家庭でありがちなのですが、借金の話は内緒にしておく人が多いのです。
しかし借金が一時的なものであるのなら、大きな問題とならないでしょう。

 

ですが、借金額が大きい・いつも借金を繰り返しているようであるなら、絶対に把握しておかなければなりません。
このような悲劇を回避する為には、夫婦で家計の責任を持つことです。
どちらかへ任せっ放しにしておくと、前述のようなことが起こり易くなります。
充分注意しましょう。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!