個人情報信用機関の種類

消費者金融業者が、カードローンの利用申請した人の審査で利用する個人情報信用機関は、今のところ5種類あります。
5社とは、全国銀行個人信用情報センター・株式会社CIC・全国信用情報センター連合会・テラネット・株式会社CCBです。
各金融業者は、上記内のいずれかの個人情報信用機関へ会員登録をして、情報登録・参照をします。
しかし、個人信用情報に登録するには、その本人の同意が必要となります。
次に、CRINといシステムがありまして、それは、CIC・全国信用情報センター連合会・全国銀行個人信用情報センターの3社で、事故情報を共有するものです。

 

こういった情報を共有することで、貸し倒れとなり易い人を事前に知ることができるので、リスクの軽減に役立ってます。
消費者金融では審査を行う時に、会員登録してる信用情報機関とCRINの2つを利用して事故情報がないか確認します。
それから、融資するかどうか決めてます。
情報センターは5つもありますから、各機関に加盟している業者には特徴があります。

 

つまり、情報センターごとに加盟してる業者へ偏りがあるということです。
銀行や信用金庫が主に契約してるのが全国銀行個人信用情報センターであり、この情報機関へは銀行系の業者や、信販系の金融業者も加盟してるといった具合です。
金融事故などの重要な情報はCRINで共有されてますが、その他の個人情報は共有されていません。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!