ブラックリストとホワイトリスト

消費者金融業者のカードローンの利用申請をすると、審査が行われます。
審査は、個人情報信用機関で保存されてる、個人信用情報を元に行われます。
その情報は、利用申請した人のこれまでの金融業者の利用記録・返済履歴などを含めた情報なのです。

 

金融業者がこの情報で最重要視するのは、返済の滞った場合の金融事故でして、この記録があれば審査は通りません。
金融事故を起こした人は利用申請で拒絶されるのですが、この情報が俗にいうブラックリストです。
反対に、そのような自己経験のない人のことをホワイトリストと言い、業界でも、そう呼ばれることがあるようです。
では、どの程度のことが金融事故扱いされるかですが大幅な返済延滞・任意整理・自己破産・債務整理・3ヶ月以上の返済遅延こういったものが記録されます。

 

だから、少々延滞しても返済すれば問題ないという考え方は、しない方が良いでしょう。
軽く考えて延滞していると、金融業界全体で自分の評価が下がるのです。
これから先のことを考えるならば、業界で信用を落とすのは避けたほうが良いです
尚、個人信用情報の保存期間は、事故情報の場合で5年です。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!