個人信用情報の内容・項目

消費者金融業者へカードローンの利用申請をするとまずは審査を行います。
その審査では、個人信用情報を重視して行われます。
この個人信用情報というのは、その人のこれまで利用した取引履歴となります。
それは住所・生年月日・利用した人の情報・契約内容・返済状況などが、細かく記されて保存されています。

 

このような情報は、データとして個人信用情報機関で期間を設けて保存されます。
この保存されたデータは、各金融業者が審査を行う際、参考資料として提供されるのです。
そのため、返済の滞った金融事故などの情報があれば、審査の時には大きな影響があります。
そして、これまでどの業者から借り入れたのかなども記録されてますから、利用申請の時にごまかしができないようになっています。

 

つまり、審査は個人と金融業者間で行われるのではなく、個人信用情報機関と金融業界間で行われるということです。
これらの、借り入れ履歴・返済履歴といった情報は、消費者金融業者だけが利用できるものではありません。
信販会社なども利用できるので、クレジットカードの審査でも使われます。

 

では、個人信用情報は、どういったものが記されてるのかが問題となります。
それは、氏名・生年月日・住所・勤務先・電話番号・契約日・利用限度額・返済残高・返済状況・金融事故情報などで、一切合切記録されてると考えて良いでしょう。
それに、これらの情報の中で審査へ大きな影響がある項目は、金融事故情報です。
だから、返済が滞るなどの金融事故は、絶対に起こさない方が健全です。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!