ローン審査への影響

「消費者金融を利用すると銀行のローンを利用する際の審査が不利になる」という噂を聞いたことがあるという人も多いのではないのでしょうか。
もしも、住宅やクルマなど高額な商品を購入するときにローンが組めないのでは困ってしまいますから、この話がもしも本当であればお金を借りるのを躊躇してしまう人も少なからずいることでしょう。

 

では、本当にこのようなことがあるのかというと、実際にはこのようなことはありません。
消費者金融からお金を借りたことがあったとしても、銀行の審査に通らなくなるということはないので安心してください。
なぜ、このような噂がまことしやかに流れるようになったのかについては諸説ありますが、一般的にサラ金からお金を借りたことのある人というのはお金に困っていたわけですから、
そのような人が銀行に融資の申し込みをしたとしても、収入の問題で審査に落ちてしまうと考えられていたからだと思われます。

 

繰り返しになりますが、過去に消費者金融を利用したからといって、現在何も問題がないのであれば銀行の審査で不利になるようなことはありません。
しかし、現在においても複数の金融機関から多重債務を行っていたり、借りたお金の返済を滞納しているといった場合には、話は別です。
多重債務者や返済滞納者は場合によってはブラックリストに掲載されることがあり、一度掲載されてしまうと数年間はお金を借りることができなくなってしまいます。
ですから、将来的に銀行でローンを組無予定があるならば、返済できないお金を借りるのは避けるようにしましょう。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!