消費者金融のカードローンの返済方法・手続き

消費者金融のカードローンの返済手続きですが、融資を受けた際の返済はATM・金融業者の窓口などで行うのが、一般的な方法となってます。
それは、毎月返済日・返済期限が決められていて、その日までにお金を納金しなければならなくなっているのです。
これを忘れたりすると、金融事故となります。
自分の信用情報へ悪影響が出るので、絶対に忘れてはいけません。

 

次に、返済の手続きですが、それは融資を受ける時と大差はありません。
カードをATMなどへ挿入する・暗証番号の入力・返済ボタンを押す・お金を払い込む、この順序で行えば間違いないのです。
ここで注意点なのですが、ATM・CDの場合出金・入金は、千円単位となってる機器が殆どですが、稀に1万円単位の機器もあります。

 

この点を注意しなければ、必要ない額まで借りなければならなくなるのです。
それは、入金する時も同じこととなります。
注意して欲しいのですが、コンビニは現金キャッシングのみ対応しており、現金の入金をすることができません。

 

つまり返済ができません。
返済はATMで行うことになります。ですので、違いを把握してないと、返済ができなくて返済期限に間に合わなかったという悲劇が起きてしまうのです。
そうなっても、金融事故扱いされてしまいます。
だから、これから利用しようと考えてる機器がATMなのかCDなのかということは、非常に重要です。
もし、身近にないようであれば銀行振込・郵便書留・ネットバンキングを使えますから、いずれかの方法で返済することをお勧めします。

 

 

消費者金融の審査が気になる方に。クリックで詳細をチェック!